おふたりが結婚式の場所に選んだのは
ご新郎が小さい頃、家族でよく遊びにきた白馬山麓のホテル。

おたがいのご家族と、大親友たちだけをご招待し
ゆっくりと、のんびりと過ごしてもらいたい。
おたがいの事を知り、大好きな家族との思い出を話しながら
ゆったりと楽しく。

そんな思いで準備してきた結婚式でした。

当日は朝からまさかの雨・・・。

だけど、挙式中に奇跡のように晴れてきて
フラワーシャワーの瞬間におふたりに綺麗な太陽の光が降り注いだ!

白馬の綺麗な緑に囲まれ、素敵なお写真もたくさん撮れて
おふたりにとっての思い出が、いっぱい増えました!
とっても可愛らしいおふたり!

遠くからきてくれるみんなにゆっくり過ごしてほしい

そんな気持ちが伝わったのか、
おふたりもゲストもみんな終始リラックスのあったかいパーティー。

大事なみんなとのおもいでの写真をスライドショーにして流しながら
「あー、このときこんなことあったねー」なんて談笑する時間も。
ご家族もあたたかいまなざしで、楽しそうに見ていました。

30年前、新郎がまだ少年だったころに撮った写真と同じポーズでパチリ。
当時隣にいた女の子、実は新婦だったりして!?・・・なんてロマンティックな話で盛り上がったり(笑)

『今までの家族の思い出に重ねて
 ふたりにとってこの地が新しい思い出の地になればいいな。』

そんなご新郎のスピーチが印象的でした。

実はこのホテル、結婚式は5年前からずっとやっていなくて
場所はあるんだけどプランナーもいなくて・・・という状態でした。
「私がいれば大丈夫ですよ!」とお願いし、スタッフさんと一緒に作り上げた結婚式。
歴史あるホテル、決して今風ではないし
新しい結婚式場のように、煌びやかでも豪華でもない場所。

だけど、おふたりやゲストの顔を見ていて
この場所が、みんなにとって最高の場所なんだと実感。

どんな場所で結婚式を挙げるか、はとても重要だけど
目に見える設備が大事ではなく、
そこにどんな「おもいで」があるか、それが大事。
今までと、これからのおもいでを重ねる場所。
ふたりにとっても、私たちスタッフにとっても、おもいで多き場所になりました☆

いつまでも仲良く、ラブラブでいてくださいね!
本当におめでとうございます☆