私がプランナーとして一番大事にしていること。
それは
「結婚式はチームで作り上げるもの」ということ。

プランナーとして仕事を始めて一番最初に感じたのは
「わたしってなにもできない・・・」ということ。
それは、落ち込むというよりも
「各プロの仕事が素晴らしすぎる!!」という感動に近かった。

結婚式には色んなプロフェッショナルがいます。

花嫁さんを最高に綺麗にするヘアメイクさん、
最高の瞬間を思い出に残すカメラマンさん、
言葉の魔術師(と私は呼んでいます!)名司会さん、
美味しいお料理で人々を幸せにするシェフと
そのお料理をお客様に素晴らしいサービスで提供するスタッフのみなさん。

他にも数えきれないほどのスタッフに支えられて
各々が最高のパフォーマンスをして、初めて
素敵な結婚式ができるのです。

そのパフォーマンスを、最大限発揮できるようにするのが
プランナーである私のお仕事だと。

————————————————–

会場にいたころは、正直チームで作っている実感は、今よりも少なかったように感じます。
どのスタッフと一緒に作るか、ということは選べなかったし
当日「初めまして!」とあいさつして一緒に現場に入るスタッフさんもいたり。
みんなプロだから、しっかり結婚式はできるんだけど
ほんの少し寂しさを感じることも。

でも、最高のチームだと感じることも勿論ありました!

式場ではあまりやったことのない、難易度が高いプログラム。
初めてのことが多いので、数か月前から何度も各スタッフと打ち合わせ、
各方面からのアドバイスを頂き、またプログラムを修正して・・・の繰り返し。

いつもの何倍も、何十倍もスタッフと話をしました。
プログラムのことだけではなく
おふたりのこと、おふたりの想い、家族のおもいなども・・・。

そして迎えた当日、私はスタッフに言いました。
「ここまで一緒にみんなとやってこれてよかったです。
今日は、みなさんを信じお任せします。最高のパフォーマンスをしてください!
責任は私がとるので!」

結婚式当日を無事に終え、スタッフのみんなが言ってくれたこと。
「このメンバーで仕事できてよかった!」
みんなの笑顔を見て、ほんとうに嬉しかった。

たぶん、どのスタッフもいつも以上に大変だったと思うんです。
色んな注文もお願いしたし、苦労も時間もかかったと思う。
それでもこの言葉に、本当に幸せだと思いました。

式後、おふたりがサプライズで式場に遊びにきてくれたことがあって
突然だったし、いそがしいかなと思いながら各スタッフに声かけたら
全員集まってきてくれた!という奇跡も。
「会いたかった!!」と当日の思い出話をみんなでして、楽しかったなあ。

この体験が、「いいチームでお仕事したい!」という私の想いを
確信にしてくれました。

フリーになった今でも、想いは変わらず。
むしろ、そういう仲間を「選ぶ」ことができるようになって、より一層強くなりました。

プランナーだけではなく、チームで作り上げる。
おふたりの大事な一日を作るメンバーを束ねる者として
これから結婚式を迎える皆さんに
ぜひ知っておいていただきたいと思う。

そんな想いで、これからも幸せのお手伝いをしていきたいと思っています。

お問合せはこちらから

☆2018年1月~春Wedding 受付中です。
お気軽にお問合せくださいね☆

☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+
★「結婚式をやってよかった!」と思える世の中に★
 「楽しく安心できる」結婚式準備をご提案するプロ

 「おもいでウエディング」
 Hollyhock Wedding 代表
 フリーランスウエディングプランナー
 坂本 加奈子
☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+