私は、よく聞くのが好き、聞くほうが上手と言われますが
実は「話すのがとても苦手」なタイプ。
大勢の人前で話すなんて、毎回緊張で足が震えます。

話すのが得意ではない人の中にもいろんなパターンがあって
私は、思っていることを的確に表現するのが苦手。
こうやって文章に書くのは割と好きで、言葉も出てくるのですが
いざ「話す」となると、言葉に詰まりうまく纏まらないのです。

特に質問されて答えるシーンに苦手意識があるのですが
先日も、久しぶりにたくさん質問されるシーンに直面して
必死で回答して、終わった後は心身ともにぐったり。

なぜこんなに疲れるのか、落ち着いてから考えてみたのですが

おそらく、質問に回答する時
どうしても質問者の「意図」を深読みする癖があって
どう答えたら相手が満足するか、ついつい考えて答えてしまう。
それが、自分の中にある想いと実は違う時もあって
上手く伝えよう、きれいに表現しようとして疲れてしまうのだと気付いたのです。

そして、
思っていることの半分も伝えられなくて落ち込むという。
自分の軸とずれている話をしている時って、やっぱり言葉に力もないですよね。

逆に、
何とか絞り出した残り半分の『素の言葉』って
それが実は本音で、本当の気持ちなんですよね。
素の言葉を話している時って、話すのが苦手な私でもすらすら言葉が出るし
軸がしっかりしていると実感するのです。

相手がどう思うか、を気にしてばかりではなく
自分はこう思う、という事を言えるってすごい勇気のいることだし
でも、それを受け止めてくれるのってありがたいと思うのです。

私は極度の八方美人で嫌われるのが怖くて、いいカッコしいなので
長年培った癖はなかなか抜けないけれど
話すことで、本心が少しでも自分でわかるきっかけになるのであれば
少しでも開示して本音に正直に生きたいと思うし

同じようになかなか話せない、という人がいたら
本音を素直に話せるようなきっかけを作って
本心に気付く時間、自分の軸を再確認できる時間を作れたらいいな、と思っています。

だから、私は聞き上手になりたいと思うし
わたしが大切にしていること」の1つ目はとても重要なことだと
改めて思った、今日この頃なのです。

お問合せはこちらから

☆2018年1月~春Wedding 受付中です。
お気軽にお問合せくださいね☆

☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+
★「結婚式をやってよかった!」と思える世の中に★
 「楽しく安心できる」結婚式準備をご提案するプロ

 「おもいでウエディング」
 Hollyhock Wedding 代表
 フリーランスウエディングプランナー
 坂本 加奈子
☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+☆◆+